So-net無料ブログ作成

スポンサーリンク


JACROW『焔~ほむら~』を観て [演劇]

JACROW NEWS
アラフォーサラリーマンが見た感想は筆舌に尽くしがたい…
物語を第三者的に見ると「会社」のおかしさに腹が立つのだが、
自分が「会社」の内に所属してる視点から見ると「あれ」が常識なのだ。
その自分の中で二律背反してる様が気持ち悪くなった。
ざくろより苦い…

個人的には「ざくろのような」の前日談だと思った。
ラストの二人が何れ袂を分かつのだ。
電池を巡り、会社、技術の為に闘争して。
就活生は見て、糧にしてほしい。
シミュレーションとして会社の理不尽とは分かってほしい。
この国で「働き方」を改革するのは大変なことだと…

下請けIT企業としては、あの構造を苦々しく思う。
潰れた前会社のプロジェクトでは、8ヶ月間過労死レベルの残業して、
結局性能を担保出来ず、違約金を払って大赤字になった事を思い出した。
でも死人が出る前の会社の英断には感謝なのだろう。
数字は変えなかったのだから…

「焔」というプライド、信念は会社の為でなくアイデンティティなのか。
そして大きく燃え上がることはなく、小さく静かだが熱は凄いのだ。
その一人一人の「焔」がこの国を支えてるのだ。
そして裁量労働なんて、忖度するドクトリンを持つ、
この国では無理だと思った。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ミナモザ「Ten Commandments」を観て [演劇]

ミナモザ

MINAMOZA MISAKI SETOYAMA GALLERY CONTACT 瀬戸山美咲 今後の予定 ◆朗読&ダンスパフォーマンス『My friend Jekyll(マイ フレンド ジキル)』 上演台本・演出 2019年6月8日(土)・9日(日)  Spiral Hall(スパイラルホール)出演:shoji,Oguri (s**t kingz) 公式サイト ◆多摩ニュータウン×演劇プロジェクト 第二弾『まちまち』 進行役・構成・演出 2019年8月11日(日)パルテノン多摩 小ホール 公式サイト ◆新国立劇場『あの出来事』(作:デイヴィッド・グレッグ 翻訳:谷岡健彦)演出 2019年11月13日(水)〜26日(火)新国立劇場 小劇場 公式サイト Ten Commandments (テン・コマンドメンツ) 公演終了いたしました。ご来場ありがとうございました。 2018/3/21(Wed)〜31(Sat) こまばアゴラ劇場 Komaba Agora Theater 2018/4/5(Thu)〜6(Fri) JMSアステールプラザ多目的スタジオ  JMS Aster Plaza Multi-Purpose Studio広島公演当日パンフレット文章 作・演出:瀬戸山美咲 出演:占部房子 山森大輔(文学座) 浅倉洋介 本折最強さとし 菊池佳南(青年団) 石田迪子 Playwright/Direction = Misaki Setoyama Cast = Fusako Urabe, Daisuke Yamamori(Bungakuza), Yosuke Asakura, Satoshi Saikyo Motori, Kanami Kikuchi(Seinendan), Michiko Ishida 私と原子力、その近さと遠さについて 想像してみる。今、原子力の勉強をする彼らを。 想像してみる。かつて、原子力の研究をしていた彼らを。 私たちは自分たちの手に未来を取り戻すために、この対話の演劇を始めます。 Is nuclear energy a boon or a bane?



私と原子力、その近さと遠さについて

想像してみる。今、原子力の勉強をする彼らを。
想像してみる。かつて、原子力の研究をしていた彼らを。

私たちは自分たちの手に未来を取り戻すために、この対話の演劇を始めます。

アフタートーク面白かった。
大場先生の分かりやすい話に学生時代の講義を受けてる気分になる。
原子力=怖い、人類には扱えないというイメージがあるが、
果敢に原子力を学び研究する人々がいることに希望を感じる。
困難に打ち勝ってきたのが科学である。
人を信じたい。

あの日から「言葉」を失った。
それはタブーだからか、是々非々があるからか。
科学者も倫理の狭間で生み出し問答し、先人たちの死屍累々の上に立っている。
願わくば「言葉」を自由に語れるように。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

クロムモリブデン「たまには海が泳げ!」を観て [演劇]

たまには海が泳げ!|クロムモリブデン
「夢のまた夢のまた夢は悪夢。」

五年前、有名子役の女の子(アロエ)が近所に住む同級生の父(坂口時男)に悪戯された。
坂口家の長男は自殺。次男(竜二)は、母(初音)から父親の犯罪を知らされずに育った。一方、被害者の母(スミレ)と姉(アネモネ)は彼女に起こった事件が夢か現実か撮影か分からない世界の出来事だったと彼女を誤魔化し続けて生きてきた。

その犯人の坂口がこの度、出所する。

ゴーストと名乗る男(ゴースト)から坂口の事件の真相を暴くことをお願いされた作家(先生)は編集者(須藤)と共に事件の真相に迫っていく。
一方、ピザ屋(早瀬)は真実のピザをこね、配達へと向かった先はー。

ここ数年で一番好きな演目かも。
ここ3、4年クロムに感じていた違和感の答えがこれだった。
このクロムを観たかったのだ!
面白かった。
ラストのループはいつまでも見たかった。
無情なカット。
心地よい夢はいつか覚めるのだ。

花戸さん綺麗でしたね。
あと相変わらず二代目手塚とおるも居て安心でした(笑)
奥田ワレタさんを久しぶりにクロムで見ましたが、やはり安定感ありますね。
森下さんの黒縁メガネも久しぶりに見たのかな。
気が付けば劇団員のみで少数な編成でしたが圧倒的でした。

この公演をもってクロムは活動休止となる。
恐らく、これがクロムという評価が多かった気がするが、
それが青木さん的にはずっと変化し続けたのに、
客は変わらないことを望んでたというギャップに絶望して、
活動休止になったのかなと思ったり。
でも歌舞伎に型があるように、クロムはずっと培った型が出来ていただけと思う。
そしてそれは私を虜にしていたのだ。
だから待つ。



スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

鶏そばムタヒロにて、花椒香る麻婆麺を食す [雑記]

2018-03-22T22:49:04.jpg2018-03-22T22:49:04.jpg
3月の限定メニューです。
3月の後半になり限定メニュー食べきってないので、スパートし始めました。
ちなみに大阪のムタヒロ二店舗は食べました。
東京がまだですわ。

いつもは混んでる鶏そばムタヒロが、
全くの空席でまさかの独り占め!
もう閉店していると思ってましたわ(笑)
てもそのあとにすぐに満席になったので、
台風の目だったのでしょう。

花椒香る麻婆麺ですが、VIPシールでライスを付けました。
見た目と匂いは辛そうなのですが、
実際に食べるとわかる旨さが全面に出てます。
辛さは感じず旨みが凄かったです。
これが旨辛というやつですね。

麺を駆逐して残った餡にライスを投入すれば、
極上の麻婆丼の出来上がり。
うまかった!

二号店に外れなし。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

まぜまぜムタヒロにて、ニボ白湯つけ麺 大盛 ご飯割チーズトッピングを食す [雑記]

2018-03-08T23:27:05.jpg2018-03-08T23:27:05.jpg2018-03-08T23:27:05.jpg2018-03-08T23:27:05.jpg
ゲリラ限定メニュー!
つけ麺がなくなったはずのまぜまぜムタヒロでのつけ麺、そして煮干と聞いては行かねばと、
仕事を残して来店!
雨でも店は混んでましたね。
みんなポイント2倍が目当てか(笑)

ニボ白湯つけ麺ですが、玉子付いてます。
麺は本店と同じだそうです。
どろ煮干しの細麺が好きだったのですが、
この本店の太麺もよく合います。
むしろ、このスープならこれがあってるかな。

あとチャーシューがデカイけど柔らかくて美味しかった!
スープはどろ煮干しつけ麺と異なりますが、
(レシピが伝説になったようで、記憶の彼方へ(笑))
煮干のエグミがなくて、マイルドで美味しかったです。

締めはご飯割にチーズでリゾットで満腹になりました。
食べに行ってよかった(^^)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

タテヨコ企画「あるサラリーマンの死」を観て [演劇]

タテヨコ企画/あるサラリーマンの死/TOP
□ものがたり
 舞台は東京。仕事に生きた男が死ぬ。その直前の二日間の物語。
 定職にも就かず、ろくに帰省もしない息子。実家に寄生する妹。奔放な生活を送る母。
 振り返った時、家族の為に働き続けた男が理想とする家族は居なかった。
 存分に働いた男は、仕事を終えるとまるで自殺をするように消えていく。
 男の一生とはなんだったのか。家族とは何なのか。
 アーサー・ミラーの「セールスマンの死」をモチーフに、団塊の世代の男の生き様を、夫の目線と妻の
 目線、そして子供達の目線を交えながら描く。
 タテヨコ企画がお送りする「あるサラリーマンの死」は、現代の家族の肖像である。

初めて観る団体。
いつもチョコレートケーキに客演されている俳優さん目当てで。
サラリーマンというアイデンティティを失ったならば。
そしてそれしかなかったらとしたら。
ああいう風になるのだろう。
私もあと20年働くと分かるのか?

誰もが何れ訪れるはずの肉親の死。
家族構成、年齢が私とほぼ同じなので、自分の家族の事を考えてしまった。
アフタートークでも言われていたが、リアリティを感じ考えてしまった。
時にコミカルで走馬灯のようなフラッシュバック。
答えの無い子育て。

本田博太郎さんが、親子関係について嫌なことから逃げてちゃダメ。
取り戻すのに数倍の努力が必要と語っていたのを思い出した。
このギャラリだからこそ、映える演出だったかな。
面白かった。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ぬいぐるみハンター「ゴミくずちゃん可愛い」を観て [演劇]

ぬいぐるみハンター『#ゴミくずちゃん可愛い 』感想などまとめ!本日千穐楽が無事終演しました!ありがとうございました!
世界中のゴミが運ばれてくる「夢の谷」、通称ゴミ谷。そこを住処にしている少女のゴミは幼馴染のソニーやゴミ谷の住人たちと毎日楽しく暮らしていた。そんな平和な暮らしとは裏腹に世界では地球を丸ごと巻き込む規模の戦争が激しさを増していき、それに合わせてゴミ谷に運ばれてくる瓦礫の山も増えていく。まだ何も知らない少女の運命と世界の運命の歯車が狂い始めて、少女と世界を強引に巻き込んで動き出す。
純真無垢な少女と世界の出会いの物語。

面白かった!笑って泣けたわ。
エヴァネタとかアキラネタとかね。
ゴミちゃんの生き方美しい。
夕刻から夜に変わるとステージがガラリと変わり、ゴミの谷にいる感じになった。
やはり寒くなったけど手袋にマフラー、ダウンジャケットで回避。

風もなく天候が安定していて、気持ちよく観劇出来ました。
これ天候次第ではゴミちゃん達と同じ雨とか味わえるのかな。
それはそれでいいかも。
アンサンブル含めてとても良くあと1回で終わりは持ったいないな。

パンダラコンチャン以来です。
あの時は初見で衝撃を受けましたが、今回も端々に切れたナイフのようなセリフがありました。
ゴミちゃんのコミカルな当り前の復帰コントから、後半の流れで一気に前半の印象が変わり、
一日一日が愛おしくなります。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

まぜまぜムタヒロにて、とろたま麻婆まぜまぜ チーズトッピングを食す [雑記]

2018-03-03T00:34:38.jpg2018-03-03T00:34:38.jpg2018-03-03T00:34:38.jpg
3月の限定メニューです。
トップバッターはまぜまぜムタヒロです!

券売機が新しくなっていて、
とても券が買いやすくなってましたね。
そして消えたつけ麺(笑)
特製も内容見ると特製選びたくなりますね(^^)

限定メニューですが、テーマは麻婆。
3号店は、とろたま麻婆まぜまぜです。
チーズトッピングしました。
チーズは玉子の中に入ってます。

イメージは丸美屋の麻婆豆腐という感じ。
辛さより旨味があるということ。
辛さ苦手なのでちょうどよい辛さでした!

平太麺があんとたまごに絡んでズルズルいけます。
最後に残ったあんにライスを投入。
スープ一滴も残らず食べました。
美味しかった(^^)

今月は大阪にライブ遠征に行くので、
ムタヒロの2店簿の限定メニュー食べて、
全店舗制覇しようかな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

肉中華そばムタヒロにて、赤黒牛麺 辛さ控目(ラー油、辛味噌別皿)味玉トッピングを食す [雑記]

2018-03-01T08:07:58.jpg2018-03-01T08:07:58.jpg
2月限定メニューコンプリート!
最終日になんとか食べれましたわ(^^)

それにしても去年の8月以来の来店でした。
そんなに行ってなかったのね。
そしてそれだけ限定メニューコンプリートしてなかったのねと判明。
来月はブタヒロが限定メニューに参戦なので、
ますます回るの大変ですが、
面白くて美味しいもののために頑張る次第です。

赤黒牛麺ですが、辛さが苦手なので、辛さ控目にしてもらいました。
その為にラー油、辛味噌が別皿で提供されます。
VIPシールで味玉トッピングです。

赤黒牛麺はマー油で半分黒いです。
本来ならもう反対側が赤いのですかね。
スープは牛白湯が濃くて美味いですね。
マー油も合わせるとなお良い。
そしてラー油と辛味噌を三分の一くらい投入。
牛白湯の味にパンチが出て、これは美味い!
細麺がマー油を引き連れて口の中がウマウマ状態になります。

2月限定メニューはどれも美味しかったですね。
好み的には、
本店、味噌、肉>鶏、まぜまぜ
と2つのブロックに分けられるかな。

来月の限定もコンプリート目指します!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog


スポンサーリンク